販売員から本社勤務へ、自身のキャリアアップに関して

EC事業部の長塚です。

現在、主にEC事業部のメンズ部門を担当しております。

アースマーケティングに入社してから店舗運営、本社のEC業務に携わるまでの経験をお話ししたいと思います。

【入社から店舗運営を任されるまで】

もともと現場の仕事が好きで販売員を長く続けていました。前職ではアパレルの物流倉庫で働いていましたが販売の仕事が忘れられずアースマーケティングに入社し再度販売の仕事をスタートさせました。

以前から靴の販売経験はありましたがブランクもあり、慣れない平場での販売業務でした。男性の販売員が女性の売り場にいることはよく見ますが、初めの一声がなかなか掛けられず苦労したことを今でも覚えています。

男性目線と女性目線ではファッションに対する見方、捉え方も違いました。男性はブランドの背景や歴史に魅力を感じる方が多く、女性はトレンドを意識し、自分のワードローブにいかに取り入れられるかなど実用的に商品を選ぶ方が多い印象です。その中で提案方法を工夫するなど自分の中で考え方が変わるポイントだったと思っています。

その後、新店舗オープンを機に本格的に店舗運営をスタートさせました。

一からお店を作ることはディスプレイから商品の選定、在庫管理、スタッフのマネジメントまで幅広く経験することができました。

チームで意見を出し合うなど様々な視点からスタッフ一人一人がお店作りに参加できる環境だったと感じています。

【店舗業務から本社EC業務へ】

2年ほど店長業務を経験し本社への配属になりました。

初めは1日中デスクにいることすら違和感があり、落ち着かないことが多かったです。

本社に配属になりすぐにコロナ禍の事態と環境の変化が大きかったですがECサイトの運営は自身の財産にもなり会社の飛躍には必須だと感じています。

店舗での販売では商品が店頭に並べばすぐにお客様のアクションがあり軌道修正できますがECの場合はなぜ購入に至らないのかそもそも商品自体、目に留まっているのかさえわからないことも多く手探りの中で販売のヒントを探す毎日です。写真の角度、商品の見せ方コメントひとつで印象がまったく違う商品に見えてきます。

検索ひとつで膨大な情報が得られる社会なので店舗販売の時よりいっそうの準備をして業務に取り組んでいます。ECサイトと店舗販売では商品の売る場所は違えどターゲットを明確にし、商品の良さを理解し提案につなげるという一連の流れは変わらず、販売で培った知識や経験は十分に活かすことができると思っています。

【最後に】

今後生活様式もかわり仕事の仕方、販売のあり方も変わっていくと思いますがそれに対して柔軟かつ迅速に対応できる環境が整っています。

新しいことに挑戦しているからこそ、まだ世に出ていない新しいブランドなどを発見、見出すことに長けている会社だと思います。

Copyright(c)EARTH MARKETING CORPORATION All Right Reserved